*

【持論】善とか悪とかを考えていたらネゴシエーターに行きついた

公開日: : 最終更新日:2014/06/11 イシュー, ライフハック , ,

Loc Ninh 1973

(写真はイメージです)

性善説と性悪説という概念があります。
人間はそもそも悪い生き物なんだという考え方と、人間は生まれた時は良い生き物で、生まれた後に悪くなってしまうんだ、という考え方です。

自分はどっちにも賛成しているわけではなく、中立というところだと思います。それよりも、「悪」とか「善」という抽象的な概念は、個人によって定義が異なるので、そもそもそれを一般化することはできないんじゃないかと思います。

ある人にとって、「お金を稼ぐこと」は生計を立てるため、家族を養うための唯一の方法であり、「お金を稼ぐこと」は絶対的な善であったとします。一方、ある人にとって、「お金を稼ぐこと」は腹黒い人間が得意の、人として心の薄汚い所業だということで「悪」に成り得ます。(一昔前に話題になった村上フ○ンドとかですかね。)

話の前提が違うところで「悪」だとか「善」だとか言ってもあまり意味はないんじゃないかと。
価値観が違うことで喧嘩したり、離婚したり、ディスったり、戦争がおきたりするのかと思います。

議論する際にはこの「前提が違う」というところが大切で、話しの土台を整えたり、前提を揃えておくことは、何かをまとめたり方向づけたりする際に絶対に必要になることです。

ただ、国民総中流社会が崩れ、グローバル化が進み、これだけ生き方や考え方が多様になってくると、 そういった前提を揃えておくことが難しくなってきます。

モノカルチャーだった頃がなつかしい・・・などとノスタルジックになっていても話は進みません。
そう思うのも分かりますが、世界は不可逆的ですので、元にはもどりません。もし時代が変わって似たような現象ができても、それとは別の現象です。

そういう意味で、これから大切になってくるのが「ネゴシエート」だと自分は思ってます。
言葉は違いますが、ディレクターという肩書の人や、セールス(営業)、これから全ての仕事に関わる人には必須のスキルになると思います。

ネゴシエーターというのは、日本語で「交渉人」の意味です。
本来は人質救出作戦において犯人との交渉を担当する警察・政府の要員のことを言うらしいです。(Wikipediaより

心理学、行動科学、犯罪学の知識に裏打ちされた話術を用いて、犯人と直接的に交渉を行い、犯人の精神状態や現場の状況についての情報を収集し、事件を平和的に解決するように導くことが任務とされている。

この記述を見て、自分の行動と当てはまる方もいるのではないでしょうか?
もちろん、「犯人」や「事件」などと当てはまる訳では無いですが、例えばそれを「クライアント」、「案件」に置き換えると非常に身近に感じられると思います。

一昔前(インターネットが普及する以前)、TVや新聞などのメディアが発信する情報はそれぞれ個人に受信され、その情報を持って世間の現象や世界の情勢などは判断されてきました。

インターネットが普及し、個人が気軽に情報を発信でき、これまでにない価値観や行動様式が与えられるようになり、それが拡散して現象がスパイラルを起こすような現在では、ますます考え方や生き方が多様化していきます。

「つー」と言えば「かー」、「あ」と言えば「うん」の呼吸が通じ、「善」や「悪」という概念が多数派によって占められていた時代にはない、複雑で難解な状況が発生するかもしれません。

これまでは「主張すること」が重要視されてきたと感じます。
自分の利益、自分の目的、自分の背景・・・。それをどれだけ相手に主張できたかが、問題解決につながると考えられたのではないでしょうか。

対して「交渉すること」は相手の考えを考慮します。
相手の利益、相手の目的、相手の背景・・・。それらを総合して話を方向づけ、落としどころを見つけて問題解決をしていくのです。

もちろん簡単なことではないと思います。
自分の主張をし続けるよりも多くの労力を使うと思います。

それでも以前とは状況が変わった現在、複雑な状況や困難な問題を解決できるのは、「主張」ではなくて「交渉」なのだと思います。

・・・と、論拠の薄っぺらな持論をポストしてみました。
そんなの当たり前でしょ?と思われる方も、そんなわけないでしょ!と思われる方もいると思いますが、そんな意見もぜひいただければと思います。
(下のコメント欄から入力できます。)

あなたはどう思いますか?

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

自分は知っている、ということ

情報リテラシーっていう言葉がある。これは別にPCを使いこなせる能力のことだけではないようだ。物の本を

記事を読む

no image

共産主義から資本主義に異動

  4月1日付で、営業側の部署に異動になりました。組織変更があると言う事は分かってましたが、前日の

記事を読む

革命で命を落としていくものたち

昨年からGoogle Glassに興味が引かれっぱなしで、その流れでTelepathy on

記事を読む

「がんばった人」が給料が高い訳では無い件

HTMLすら書けない人が、WEBプロデューサーをやっている事例を知っている。WEBプロデューサー

記事を読む

no image

取捨選択の連続が個人を決定する

個人的なことですが、最近になって本が読みたくて仕方ないです。それと、やりたいことも多すぎます。

記事を読む

堀江貴文

番組「ナイナイアンサー」でホリエモンが泣いてて思った

日本テレビで「解決!ナイナイアンサー」という番組がやってたので見ました。今回の目玉はあのホリ

記事を読む

人は人を完全には理解できない2

さとなおさんの記事に、前回の記事にとても内容的に合っていたエントリーがありました。 人はわ

記事を読む

Nexus5の魅力を5つ挙げてみました

いまだにiphone4を持つ自分としては、やはり新しいスマホが欲しいわけですが、今さらiph

記事を読む

no image

We say NO to hate with a gun

photo credit: Minnesota Historical Society They

記事を読む

no image

Terrible crisis of democracy

"Chu-sin-gura" is aired at the end of year in Japa

記事を読む

Google AD

Google AD

PAGE TOP ↑