*

日本にイノベータがいない理由

公開日: : 最終更新日:2012/10/30 日記

スティーブジョブズが亡くなった時、日本にはなぜ彼のように偉大なイノベータが居ないのだ、ということが一部で話題になりました。
ですが、あれだけ「スティーブジョブス死去」がバズワードになってしまい、お祭り騒ぎになっている中、「自分はこう思う」ということを表明することは、海面に揺られているのが好きなのか、 よほど図太い神経の持ち主でないとできないかというように感じ、これまで自分の考えを出しませんでした。

年も明けたことだし、そろそろ周りの方も「そんなこともあったね」的な感覚になっているように感じたので、今から発表することにしました。

1.歴史的理由
この話の前提として、人間は突如としてこの地上に降り立ったのではなく、意識が遠くなるほど膨大な過去の歴史の積み重ねによって人間は地球に存在しています。そういう意味で日本人も、ある日突然日本に棲みつき始めたのではなく、アフリカから発祥した人類が、アラビア半島を経てユーラシア大陸を横断し、朝鮮半島を下って日本にたどり着きました。島国であるという地理上の理由から、比較的国個体の風土が守られる傾向があります。そういう意味で日本は土着の「村文化」です。新しいものを進んで受け入れるよりは、これまであった風習や文化や資源を使おうとする保守的な傾向があります。そういう体質を一言で言い表している言葉もあります。「出る杭は叩かれる」。どちらかといえば迎合型であり、他者との関係性を重視します。そのようなコミュニティの中で周りの他者=村人とうまくやっていくことは、死活問題となります。これは「村八分」という言葉が最もよく言い当てている現象だと思います。
そのような歴史的な背景があって、今現在があります。良いとか悪いとかを言っているのではなく、そういう土壌の上に現在の環境が成り立っているのです。

2.日本は個人主義ではなく、権威主義・集団主義。
これは統計を取ったわけでも、その筋の方から協力を頂いて調査をしたわけでもなく、自分の実感から感じていることなので、何とも抽象的な話になってしまいますが、アメリカでは個人主義がその体質の多くを含んでいるということです。他人は他人で、あまり干渉しない。他人はどうあれ、自分は自分。他人と自分は隔絶されており、その間には大きな価値観の差があります。これはアメリカという国家が多民族が占領した国だからということと関係があると考えています。
それと関係があるのかは分かりませんが、その人がどんな人だろうと、 他者に認められる功績を残せば認められるということです。ここが大きく日本と異なるように感じます。

3.失敗が認められるかどうか
こんな記事がありました。

日本とシリコンバレーの大きな違いと「失敗」の意味
http://blog.livedoor.jp/kensuu/archives/53598754.html

色々な場面において、日本で失敗すると徹底的に叩かれる傾向があるように思えます。戦後、日本の文化は「恥の文化」だと言われてきました。他人との関係性が生死を分かつことがあるため、他人の目を気にしなければいけないのです。300年続いた江戸時代に「切腹」という風習があったことはこれを説明しているように思えます。対して、アメリカでは、移住自体が挑戦でした。どんな生活が待っているか?そもそも生活はよくなるのか?何も保障はない。しかしアメリカに上陸したWASPは先住民族を皆殺しにしてその地に住み始めました。その結果今のアメリカが存在します。チャレンジしたことが今の国家を形成しているのです。

日本にイノベータがいないのは、コミュニケーションだとか、制度のせいだとかいう「アントレプレナー(笑)」の方もいらっしゃるようですが、自分は上記3点の理由からだと考えます。こうした背景を考えることなしに、表面上の差異を比較することは、一時的な衝動かもしれません。そしてそれは同じ土俵で比べても仕方のないことなのではないか?とも感じます。

人間が生きている以上、常識や偏見から逃れることはできないかもしれません。それでも、強烈なパッションがそんなドグマを乗り越えさせるのかもしれないと感じます。

「ドグマ(しがらみ、常識、偏見)にとらわれるな」・・・スティーブ・ジョブズ

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

関連記事

【隠れた名言?】【割と一般的?】「親父の小言」を紹介します

ある居酒屋に行ったときにトイレに「親父の小言」っていう格言(?)が紙に貼ってありました。

記事を読む

no image

コンテキストとオープン化に向かうWEBのジレンマ

ここ数年でコンテキストとオープン化というキーワードが気になっている。セマンティックというキーワー

記事を読む

no image

それでも世界はすばらしい

何度やってもだめだし、自暴自棄になってしまいそうだし、精神衛生的に悪いと思って、サーバ構築を中断、前

記事を読む

【なんで】女性は秘密を守れないのか?【口が軽い?】

浅香光代さんが隠し子の父親が元首相だとカミングアウトしました。(後に発言を撤回) 浅香光代

記事を読む

人はかくも弱き生き物

首都圏でも地震が起こる、という予測が出たようです。 日本首都圏、4年以内に大地震発生の可能

記事を読む

【注意】インフルエンザに気を付けましょう

インフルエンザが流行ってるみたいです。 自分はインフルじゃないですが、今日見たTVの千

記事を読む

no image

自分が何を信じるかということ

別れた後の人が、しあわせになったかどうか。これから自分がどう生きて行くのか。 全ては自分の信じ

記事を読む

no image

体重が5Kg増えた

もう、びっくりですよ。 たまたま日曜に体重計乗ったら平均体重から5Kgも増えていて、思

記事を読む

no image

「努力」したくないんじゃない、「資産の残らない努力」をしたくないんだ

http://d.hatena.ne.jp/gothedistance/20100924/12853

記事を読む

no image

できることは限られているのか

尊敬する人は尊敬した態度を、そうでない人にはそうでない態度をとります。誰にでも分け隔てなく、なんて聖

記事を読む

Google AD

Google AD

iPhone6が来ました。アップルのサポートは未だ健在だったというお話。

アップルは製品だけじゃなくて、サポートの対応にまでその企業哲学

iphone6にするか、iphone6plusにするか、まだ決めなくてもいい方法

iphone6が発表されましたね。iwatchは来年に持越しで

パパも2歳になったよ

早いもので子供が2歳になりました。 年を取るごとに年月が早く

転職して新しい職場で仕事始めました

1か月以上もブログを放置してましたが、私は元気です。 むしろ

6月末で現職を退職します

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、6月末で現職を退職するこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑