*

松下幸之助の言葉

公開日: : 最終更新日:2012/10/30 ビジネス

自分の座右の書に松下幸之助の「道をひらく」があります。
どのページから読んでもなるほどと思い、モチベーションが高まります。
その中でこんな節があります。
雨がふれば人はなにげなく傘をひらく
この自然な心の動きにその素直さに私たちは日ごろあまり気づいてはいない
だがこの素直な心自然な心のなかにこそ物事のありのままの姿 真実をつかむ偉大な力があることを学びたい
何ものにもとらわれない伸びやかな心でこの世の姿と自分の仕事をかえりみるとき
人間としてなすべきこと国としてとるべき道がそこにおのずから明らかになるであろう
これを読んで自分は、雨が降れば傘さすのは当たり前だよな、と思ったのですが、
松下幸之助という人物は、雨が降れば傘をさすという行為の中に、人間の偉大な力があることを感じたようです。
他の節を読んでもなるほどと思えるのに、この節だけなるほどと思えないのはなぜなんだろう?

そう思い、ずっとこの節の意味(なぜ松下幸之助がこう思っていたか)を考えていました。
最近になってこういうことなのかも、ということに思い当たりました。

雨=人間(当人)の力ではどうにもならない事象=生まれ、家柄、環境
傘=自分が困難にぶち当たった時の対応=自分の行動

雨が降ってきたときに傘が無ければどんなことをするか?
・服をかぶって走る
・屋根の下で雨が通り過ぎるのを待つ
・コンビニで傘を買う
などなど色々な対応があるわけです。
生まれも環境も時代も選ぶことはできません。
だから「もっとxxxだったら・・」と思うときがあります。
でも、だからこそ、傘をさす=それを乗り越えようと努力をする=のかもしれません。
苦境に陥ると人はできる限りの努力をします。
問題にぶち当たると、これを乗り越えるためにどうすればいいのか?と頭をひねります。
そして考え付いたアイデアを実行するのです。
つまりこの「雨が降れば傘をさす」は、そのこと=人間の知恵と勇気の賛歌なのだと、自分なりに解釈しています。
そして、そうやって解釈できたことでこの節に対してもなるほどな、と思った次第です。
ちなみにライフネット生命の出口社長はこういういわゆる成功した人が書いた本は
「後だしじゃんけん」だと言ってましたが。

 

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

関連記事

no image

入社して1年が経ちました。

今日5月6日で、今の会社に入社して丸1年が経ちました。 思えば去年は震災の影響で計画停電だの、

記事を読む

これからの世界を生きていくために(1)

ライフネット生命の出口社長のお話を聴く機会がありました。 http://www.faceboo

記事を読む

ニューノーマルをどうサバイブするか

WEB関係でさまざまな方向性が広がってきていると感じたので、ここのところ色々とセミナーに出席した

記事を読む

行動することでしか、世の中は変わらない。

前回の出口社長の講演の中で、心に残った言葉をピックアップします。(まだまだたくさんあったと思いま

記事を読む

no image

コモディティ化を考える

読んだ本によると、googleの戦略は「世界中の情報の整理」の先にあるという。全ての情報の整理のため

記事を読む

野田総理とは一緒に仕事ができる

9月21日に行われた日米首脳会談で、オバマ米首相が発言したコメントが引っかかったのでエントリー。

記事を読む

これからの世界を生きていくために(2)

前回のライフネット生命・出口社長の公演の続き。 含蓄のある深い話が短時間で入ってきたため、ちょ

記事を読む

no image

大は小を兼ねないのか(あるいは、進化はなぜ不可逆なのか)

大は小を兼ねると言うけど、それに当てはまらないこともある。 スマホやPCやネットやメールの利便性を

記事を読む

Google AD

Google AD

iPhone6が来ました。アップルのサポートは未だ健在だったというお話。

アップルは製品だけじゃなくて、サポートの対応にまでその企業哲学

iphone6にするか、iphone6plusにするか、まだ決めなくてもいい方法

iphone6が発表されましたね。iwatchは来年に持越しで

パパも2歳になったよ

早いもので子供が2歳になりました。 年を取るごとに年月が早く

転職して新しい職場で仕事始めました

1か月以上もブログを放置してましたが、私は元気です。 むしろ

6月末で現職を退職します

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、6月末で現職を退職するこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑