*

世界が求める日本的な日本

公開日: : 最終更新日:2013/04/01 イシュー

「クールジャパン」って言葉がちょっと前にあった。(今もあるのか?)


日本の文化面でのソフト領域が国際的に評価されている現象、またはそれらのコンテンツそのものを指す用語。
wikipediaより引用

日本の文化が国際的に評価されている現象、コンテンツ。
マンガ、ゲーム、家電、武道、建築など。

広義で言えば歌舞伎や日本語(文字)、料理や自然。

これらをまとめて言うと、「日本らしい日本」ということが言えると思う。
世界を見ても、世界のどこにもない文化。

日本は島国でアジアの中でも独自の文化を持って発展してきた。
これを言い換えると、「ガラパゴス」っていう言葉かもしれない。

ちょっと前に日本の携帯は「ガラパゴス化」していると議論の的になったことがあった。
お財布携帯やらカメラ機能やら、絵文字など。
それは日本の生活様式に合わせて便利に興味深く作られ、受け入れられてきた。

それに対して一部の識者は、世界基準に合わせないといけないとか、日本の携帯は遅れているとか、ネガティブな意味で「ガラパゴス」という言葉を当てはめていたように思う。
(シャープはそれでもあのネーミングをつけて端末を出した。敢えてあのネーミングで出した小気味良さ・センスの良さには今でもニヤリとさせられる。)

しかしここに来てGoogleやAppleの新機種にお財布携帯が付くとか付かないとかうわさになっていったけど、結局はその「ガラパゴス」さが評価されていたのだと思う。

そういう意味で言えば、マンガやゲームや自然や食べ物、皆、他の国に無いものが評価されているということだ。当たり前の話だが、どこにでもあるようなものを珍しがったり、それに価値を置いたりはしない。これまでの価値観と異なるもの、なかなか出会えない珍しいものに価値を置く。

「グローバル化」を考えるとき、英語を話せることや、欧米風の文化を知ることが重要視されている風潮があるように感じられるが、日本が世界に出ようとするとき、欧米文化の迎合では全く相手にされないだろう。そこには価値が無いから。(もちろんコミュニケーションとしての英語はできないといけないと思う。)

世界が日本に求めているもの、それは「日本的な日本」じゃないだろうか。

よく外国人が「日本」と聞いて連想するもの。
寿司、サムライ、富士山、芸者、ゲーム、アニメ。

これらがそのまま価値が評価され、日本としてのアイデンティティを持っている。
もし日本が完全に欧米化され、文化を失うようなことがあれば、世界から捨てられるのではないだろうか。

古代、、大陸(中国)から太陽を目指して東へ東へと移動してきた民族。太陽の方角=日の本、日本。国旗が象徴するように、私達の祖先は太陽の昇るこの島国にたどり着いた。

ヨーロッパから見て東の果て、(Far East)極東。
この東の端っこの島国へ、太陽の昇る方向へ移動してきた祖先が、知恵を振り絞ってこれまで築き、残し、語りついだ文化。

この文化をどうやって活かしていくのか。
それがこれからの日本の未来にかかっているように思う。

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

WordPressをインストールしたら最初にやってることまとめ

仕事でWordpress使ってるけど、とりあえずすごく役に立ちました。ありがとうございます。個人的に

記事を読む

経営者に学ぶ、ネガティブ発言から見える哲学を読み解く

理研・小保方さんのSTAP細胞の論文の行方が気になります。どうなるのでしょうか。 しかし一

記事を読む

安倍晋三

安倍首相の靖国参拝と辺野古埋め立ての件

靖国参拝で波紋広がる 中韓の反発覚悟、米が「失望」表明 http://www.nikkei.c

記事を読む

no image

MIB3に見る脱フロンティア精神

もうネタ切れすぎなんじゃないですかね。ハリウッド映画は。失敗するのが怖いから、新しい映画を作らな

記事を読む

関係性の中ではとても重要。「信用できる人」の特徴とは?

最近の中国がちょっと気になります。 昔から関係の良くないインド、尖閣諸島で問題のある日本に

記事を読む

no image

Our generation

Man of our generation don't have duty protect a wo

記事を読む

日本語の深さに思う

最近、日本語の奥深さを改めて感じることがあったのでエントリー。 お陰様 よく、「おかげさ

記事を読む

息の根を止めるまで叩く風潮

内田樹「呪いの時代に」 http://gendai.ismedia.jp/article

記事を読む

no image

怒りや不満を脱却することとお金について

怒りや不満を感じるのは、自分の予想と違うことが起きた時や、自分のやりたいことができない時だ。

記事を読む

no image

個人とその意見を同一視すること

  なるほどのライフハックがあったのでエントリー。 個人攻撃を回避するための「我々の問題は・

記事を読む

Google AD

Google AD

PAGE TOP ↑