*

一人の人間が会社を腐らせていた事例

公開日: : 最終更新日:2014/06/11 イシュー, ライフハック, 体験談 ,

かなり前にこの記事を書いてから、公開するかどうか自分なりに葛藤がありましたが、このエントリーを見て公開してもいいんだと背中を押された気がしたので公開しました。

Google辞めました
http://d.hatena.ne.jp/takeda25/20120511/1336746314

前回 書ききれなかった、前職について。今の会社に行く前、前職を退社する際に自分はある人物に引継ぎをすることになりました。

引き継いだ人物は社内でも有名な、非常にクセのある人で、しかもWEBに関してはまったく無知だったため、WEBをかじったことがある人なら誰でも分かるように引継ぎドキュメントを作成しました。口頭で業務を伝えても、砂糖を知らない人に砂糖の甘さを言葉で伝えると同じことになるからです。

ここは意見の分かれるところだと思います。たとえば弁護士が事務所を辞めるとき、引き継ぐ人に六法を教えなければならないでしょうか?

それは引き継ぐ人間の当たり前の教養として、前提条件としてあるべきで、引継ぎ項目には当たらないと自分は考えています。しかし、その人間が分からないからといって逆ギレでもしたら。。(自分の場合には逆ギレされましたがねww)

もしその仕事を続けるようにしてほしいならば、自分と同じ能力の人間を雇うか、自分を職場に留まってもらうため慰留するでしょう。しかし自分の場合、慰留はありませんでした。結局、自分の能力はど素人にもできるというくらいにしか思われていないんだな、と思うと、空しさや悲しさのような、言いようの無い気持ちになりました。

自分が辞めた後、どうもそのWEB知識が全く無い、クセのある人間は、自分の悪口を言いまくっていたそうです。
「引継ぎをしなかった」
「手柄を横取りされた」
「うんたらかんたら」
つくづく本当に最悪なクソ人間だと思いました。

自分はあの環境にいて全く学ぶところはありませんでしたが、一つだけ人生において非常に役立つことを学びました。

「あのクソ野郎よりクソな奴は見たことない」

その職場の前の職場にも、クソ野郎がいましたが(あれ?やっぱりどの職場にもいるの?クソ野郎。)、それを上回ってダントツのクソ野郎っぷりを披露してくれました。もうそこらのクソ野郎に会っても菩薩のような対応ができます。

「あのクソ野郎に比べればかわいいもの。」

本当にあれ以降、心が広くなった気がしました。たぶん、あのクソ野郎はずっと辞めた人間の悪口を言い続けているのでしょう。そんな人間はずっとそういうことをやるのだと確信します。だって、自分の前に辞めた人にも、その前に辞めた人にも、辞めた後ずっと文句を言い続けていたのですから。

クソ野郎との対峙は大変でしたが、もうその会社は手遅れでした。そのクソ野郎が会社を掌握してしまっているのです。後から入ってきた社長も、執行役員と言われていた男性も、中年の管理職も、アルバイトも、その他社員もそのクソ野郎色に染まってました。

何か新しいことをしようとしても、今の問題点を指摘して改善しようとしても、酷い非難と謂れのない批判をしてきました。おまけに社内政治にだけは長けていたので周りの人間を巻き込んで自分に有利な状況を作っていきました。

こんなことやってたら、会社はきっと終わる。(いや、業界的にちょっと終わってる。)

そう思って自分は退社を決意しました。もうちょっと将来性のある会社を探そう、と。
根気よく転職活動を続けて、拾ってもらうことができました。

周りを変えることは非常に難しいことです。
しかし、自分から動いて自分の周りを変えることはできます。

スキル的にも、能力的にも学ぶところは無い職場でしたが、そういう、スキルとは全く無縁の経験を学ぶことは学んだ気がします。学ぼうと思う心があれば、どんな環境でも学ぶものはあるのかもしれません。

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【就活生へ】面接の1時間では人間性まで分からないよ!【持論】

桜もそろそろ見ごろを過ぎようとしていますね。 ちらほら会社のまわりで就職活動中の学生を見か

記事を読む

ソロモン流に出演していた滝川クリステルさんを観た感想

昨日テレビ東京系で放映していた『ソロモン流』を観ました。 出演していたのは「お・も・て・な

記事を読む

no image

WEBは入り口

スクール革命っていう、日曜の昼に放送してる番組見てたら、「近いうちに夢を録画できるようになる

記事を読む

【なんで】女性は秘密を守れないのか?【口が軽い?】

浅香光代さんが隠し子の父親が元首相だとカミングアウトしました。(後に発言を撤回) 浅香光代

記事を読む

no image

MIB3に見る脱フロンティア精神

もうネタ切れすぎなんじゃないですかね。ハリウッド映画は。失敗するのが怖いから、新しい映画を作らな

記事を読む

no image

新しい戦争の形

先の大戦から60年以上たち、戦争は形を変えて世界を席巻しはじめた。サブプライム問題に端を発したリーマ

記事を読む

年の瀬

年末最後の日なので2013年を振り返ってみる

facebookを見てるとスキー場行ったり旅行行ったりしてる写真がタイムラインに流れてきて、

記事を読む

no image

Hey, what a stupid guy Lahood is?

Helped. Because he is American. Americans is stupi

記事を読む

他人の意見を参考にしてもいいけど、最終的には自分で考えるということ

今日のエントリーはタイトルのままのポストなので、最終的にはそりゃそうだろ、ってことなんですが

記事を読む

no image

ipad2買ったらコレは買っとけ的なもの その3

Web Albums for iPad - A Picasa Photo Viewer, Uploa

記事を読む

Google AD

Google AD

テレワーク・在宅勤務に最適な間取りプランとは?

家の中で集中力をアップさせるには? 人間はそもそ

克己
田中克成さんの実父「プロ精神八か条」とは

今日も田中克成さんのメルマガからのシェア+アウトプットです。

イメージ
心に突き刺さる起業家の言葉「お前は何がしたい?」

こんにちは。起業家のマインドで感銘を受けた動画の、シェアとアウトプッ

宇宙の意味
44歳中年男性が泣いた!田中克成さんの「マイナスの感情への対処法」

2年くらい前にあるプロジェクトにジョインして、毎日6か月間ほぼ終電近

iPhone6が来ました。アップルのサポートは未だ健在だったというお話。

アップルは製品だけじゃなくて、サポートの対応にまでその企業哲学

→もっと見る