*

人に問題がある場合は本当に厄介

公開日: : 最終更新日:2014/06/11 ライフハック, 体験談 , , ,

Gabourey Sidibe's speech might make you cry, too

プログラムに問題がある場合、問題の箇所を特定して(これが大変ですが)修正をすることで問題を解決することができます。
しかし、人に問題がある場合、問題の解決は一筋縄では行きません。

自分の知っている人で、ものすごく太っていていつもイライラしている人がいます。
性格は僻み(ひがみ)っぽく、自分より優位な立場の人をいつも妬んで(ねたんで)いるように見えます。

結婚している人を見れば羨み(その人は結婚していない)、仕事でうまく行っている人を見れば僻み、楽しそうな会話を聞けば難癖をつけてきます。

ちょっと難しそうな仕事のことになると、「できる方法」ではなく、「できない理由」を並べ立てます。
その上、論理的な思考ができないのでロジックで説明しても、「できる理由」が理解できません。

仕事をする上でとてもやりにくい相手です。
そういう人ですから、周りの人はとても気を使っています。

なるべくその人の言うことには意見しないように、なるべく仕事はその人を通さないようになってきます。
こうなってくると、その人はますます意固地になって自分の考えに囚われてきてしまいます。

こうなってくるともうお手上げです。
何を言っても他人の意見を受け入れられないので、ますます周りは何も言えなくなります。
そしてますますその人は「周りの人は何も言ってこない。自分の考えていることは正しいんだ。」と思うようになります。

一昔前に養老孟司氏が「バカの壁」を発表して大ベストセラーになりました。
この本の言わんとしていることはつまり「人間というものは、結局自分の脳に入ることしか理解できない」ということです。

自分には「人の噂をそのまま信じない」「変に正義感が強い」というところがあり、そういう事態が見過ごせませんでした。
だから事あるごとに意見したり、違う考えがあるということを示してきました。
何とかその人にも分かってもらおうとしたのです。

その人はそのたびに激しい反発をして全く話になりませんでした。
それどころか、最終的には何を言っても否定してくるようになりました。
途中から自分も「もうこの人は無理だな」と思うようになり、なるべくその人と距離を置くようになってしまいました。

この人との問題について、他の人にも相談をしたりしました。
「そういう人だから仕方ない」
最終的にはそう結論しました。

よくある話と言えばそれまでなのですが、振り返ってみて、こういう状況で何か他の方法が無かったのか?と考えることがあります。
こういう場合、「どっちが悪い」という単純な問題ではなく、他にアプローチの仕方があったのではないか、と。

その根本原因となっているのが、その人の知識不足によるものなのか、置かれている環境や状況によるものなのか、性格(成長過程による経験)によるものなのか、まず知りたいと思いました。

その人とやり取りをしているうちに、原因は性格(成長過程による経験)にあるのかもしれない、と思い始めました。
その理由はその人と対話をしていると妬みや僻みが随所に表れているからでした。

ここでは具体的なことが書けないのですが、何かにつけて妬み、僻んでものごとを解釈しているのです。
これは知識不足でも、環境や状況のせいでも、一時的な感情の起伏でもないことです。

思考がそのようにできているのです。というよりも、成長過程による経験によりそのように思考が作り上げられたのでしょう。
他人の思考を変えることはほとんど不可能です。だから自分は距離を置くようにしました。

「距離を置く」
今回はそれでよかったですが、もし距離を置くことができない状況だったら?
相談することができない状況だったら?
考えるとちょっと背筋が寒くなります。

今回は何の解決方法も提示することができませんでした。
それでも問題を深堀することで根本原因を明らかにすることができることがある、ということをお伝えしたかったです。

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

引っ越しました

ここのところエントリーが滞ってましたが、一週間前に引っ越しました。 今回の引越しは、自分として

記事を読む

【体験談】アンガーマネジメントを実践してみたよ

あるきっかけで「アンガーマネジメント」という言葉を知りました。 アンガーマネジメントとは、

記事を読む

息の根を止めるまで叩く風潮

内田樹「呪いの時代に」 http://gendai.ismedia.jp/article

記事を読む

自分がブログ続けていく意味を考えたよ

ブログを続ける意味を考えてみました。 1.自分用メモ 基本的に私の場合はこれがメインに来

記事を読む

【実録】あるプロジェクトで痛みを知り、それを通して得た教訓【認められるには?】

以前のエントリーで 嫌われている人から好かれようと思わなくていいんだという件 嫌

記事を読む

他人の意見を参考にしてもいいけど、最終的には自分で考えるということ

今日のエントリーはタイトルのままのポストなので、最終的にはそりゃそうだろ、ってことなんですが

記事を読む

cakephp

cakephpでPHPのタイムゾーン設定してないとエラーが出る件

ロリポップからさくらにサーバを変えたのは先日のエントリーの通りですが、サーバ環境が違うことでca

記事を読む

子供はなぜ何でも試してみたがるのか(なぜチャレンジ精神があるのか)?

この3月あたまで息子が1歳7か月になりました。 ヨチヨチ歩きから走ったりするようになり、時

記事を読む

【体験談:ダイエット】脂肪燃焼スープを作ってみた感想 3日目

昨日のエントリーで脂肪燃焼スープを作ったとポストしましたが、なんとか今日も続いています。

記事を読む

【体験談】6年間禁煙を続けられた自分の、禁煙の始め方

4月1日から消費税が8%になり、日用品への影響が少しずつ出てきているころです。 自分はお酒

記事を読む

Google AD

Google AD

iPhone6が来ました。アップルのサポートは未だ健在だったというお話。

アップルは製品だけじゃなくて、サポートの対応にまでその企業哲学

iphone6にするか、iphone6plusにするか、まだ決めなくてもいい方法

iphone6が発表されましたね。iwatchは来年に持越しで

パパも2歳になったよ

早いもので子供が2歳になりました。 年を取るごとに年月が早く

転職して新しい職場で仕事始めました

1か月以上もブログを放置してましたが、私は元気です。 むしろ

6月末で現職を退職します

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、6月末で現職を退職するこ

→もっと見る