*

革命で命を落としていくものたち

公開日: : 最終更新日:2014/01/14 イシュー

telepathy-one1

昨年からGoogle Glassに興味が引かれっぱなしで、その流れでTelepathy oneにも興味が行きました。
そこから頓智ドットと井口尊仁氏に関心が移りました。

まず、井口さんが頓智ドットのCEOだったということ。カリスマ経営者だったということ。
頓智ドットのことはアプリ「セカイカメラ」が有名になったので知っていました。
あの時の衝撃はすごかったなー。当時はiphone持ってなかったから、はやく画面見たいと思ってました。

で、先月その「セカイカメラ」サービスが修了するというニュースを聞いて、ちょっと残念に感じました。
こういうメチャクチャにエッジの効いたサービスは、始めは受け入れられにくいと思います。
それはGoogleGlassしかりだし、iphoneが発売されるまで「なんでAppleが電話作るの?」と思ってた人も多いでしょう。(私がそうでした)

時代のあだ花とまでは言わないけど、継続が難しいんでしょうね。
継続的に収益にならないと、企業としてはやっていけない。
だからエッジをかなり丸くして、一般に受け入れられやすくして、他のサービスとの結合性とか、収益の面での合理性とかを考えて、結果的によくあるようなサービスにランディングする。

頓智ドットという会社がどうなのかは、恐縮ながら存じ上げないのですが、エッジの効いたサービスを更に拡大していくのではなく、サービスを終了させてしまったところに、「ああ、やっぱりそうなのか」という気持ちが感覚として残りました。
(「Tab」というサービスが引き継いでいるようですが、インパクト的にセカイカメラには及ばないかと。)

自分がWEBでやっていきたいと思ったのも、給与がすごく高そうとか、安定してそうとか、そういうことではなくて、WEBはこれまでに世界になかったもので、これからの世界を変える力を持っていると考えたからでした。これまでの社会のしがらみやルールなどを気にせず、まったく新しい世界に見えたのです。

医学部を出ていないとなれない職業や、親が官僚でなければ就けない職業などには、自分は程遠いポジションにあると認識していたので、そういうこれまでのしがらみとは全く関係のなく、PC1台、あとは自分の腕だけで生き残っていく、ある意味 侍みたいな生き方がすごくカッコよく思えたのです。(若かった・・・)

世襲からの脱却、大げさにいうとそれは士農工商という身分制度から、四民平等という新しい社会への転換だったのだと感じていました。
これは別に自分に限った話ではなくて、その時の雰囲気だったように感じます。(ネットで社会構造が変更する、みたいな記事はニュースでもやってました)

で、それに飛びついた人もたくさんいたわけなんですが、2000年でITバブルがはじけてみると、やっぱり生き残るところしか生き残れなかったりしましたよね。それ以外はどうなったかというと、倒産したり吸収合併したりしたんですね。いわば時代のあだ花になったということです。

話が長くなりましたが、こういう革命期には時代のあだ花がつきものなのかな、と。
大半は革命の中で命を落としていくのかもしれない、と。(今は命まで落とさないか。)
そう考えると、スティーブジョブズのように世界に影響を与えられる人物というのは、砂漠の大量の中の1粒で、本当に希少なんだと、改めて思います。
『世に棲む日々』を読了してふと考えたことでした。

ウェアラブル・デバイスの今後がますます気になりまくりです。

Google AD


関連記事

iphoneがdocomoから出たらどうなるか

宮崎駿氏が引退を表明したり、docomoがiphoneを発売すると報道されたり、東京でのオリ

記事を読む

no image

メタ情報と人の感情

今日の自分ちの話。     「もしもし、寝てたの?」   「いや、起

記事を読む

忘れなくても人は生きていける

「人は忘れるから生きていける」 と、したり顔の彼は言った。 他人を見下した、いけ好かない奴

記事を読む

自分を裏切ることができるか

NTTコミュニケーションズで出世する方法 http://sarasaatenoban.bl

記事を読む

no image

個人とその意見を同一視すること

  なるほどのライフハックがあったのでエントリー。 個人攻撃を回避するための「我々の問題は・

記事を読む

no image

wikileaks

ウィキリークスが話題に。 この現象は現代の世相を色濃く反映している。つまり、大衆が真実を知り始めよ

記事を読む

「空気を読む」人たちがしたこと

アウシュビッツ収容所の生き残りの人の話がTVで放映されていた。 友達は次々焼き殺されていったと

記事を読む

息の根を止めるまで叩く風潮

内田樹「呪いの時代に」 http://gendai.ismedia.jp/article

記事を読む

no image

We say NO to hate with a gun

photo credit: Minnesota Historical Society They

記事を読む

no image

紀伊國屋書店、ソニー、パナソニック、楽天の4社が電子書籍で連携  :日本経済新聞

紀伊國屋書店、ソニー、パナソニック、楽天の4社が電子書籍で連携  :日本経済新聞手紙から電報、電報か

記事を読む

Google AD

Google AD

PAGE TOP ↑