*

革命で命を落としていくものたち

公開日: : 最終更新日:2014/01/14 イシュー

telepathy-one1

昨年からGoogle Glassに興味が引かれっぱなしで、その流れでTelepathy oneにも興味が行きました。
そこから頓智ドットと井口尊仁氏に関心が移りました。

まず、井口さんが頓智ドットのCEOだったということ。カリスマ経営者だったということ。
頓智ドットのことはアプリ「セカイカメラ」が有名になったので知っていました。
あの時の衝撃はすごかったなー。当時はiphone持ってなかったから、はやく画面見たいと思ってました。

で、先月その「セカイカメラ」サービスが修了するというニュースを聞いて、ちょっと残念に感じました。
こういうメチャクチャにエッジの効いたサービスは、始めは受け入れられにくいと思います。
それはGoogleGlassしかりだし、iphoneが発売されるまで「なんでAppleが電話作るの?」と思ってた人も多いでしょう。(私がそうでした)

時代のあだ花とまでは言わないけど、継続が難しいんでしょうね。
継続的に収益にならないと、企業としてはやっていけない。
だからエッジをかなり丸くして、一般に受け入れられやすくして、他のサービスとの結合性とか、収益の面での合理性とかを考えて、結果的によくあるようなサービスにランディングする。

頓智ドットという会社がどうなのかは、恐縮ながら存じ上げないのですが、エッジの効いたサービスを更に拡大していくのではなく、サービスを終了させてしまったところに、「ああ、やっぱりそうなのか」という気持ちが感覚として残りました。
(「Tab」というサービスが引き継いでいるようですが、インパクト的にセカイカメラには及ばないかと。)

自分がWEBでやっていきたいと思ったのも、給与がすごく高そうとか、安定してそうとか、そういうことではなくて、WEBはこれまでに世界になかったもので、これからの世界を変える力を持っていると考えたからでした。これまでの社会のしがらみやルールなどを気にせず、まったく新しい世界に見えたのです。

医学部を出ていないとなれない職業や、親が官僚でなければ就けない職業などには、自分は程遠いポジションにあると認識していたので、そういうこれまでのしがらみとは全く関係のなく、PC1台、あとは自分の腕だけで生き残っていく、ある意味 侍みたいな生き方がすごくカッコよく思えたのです。(若かった・・・)

世襲からの脱却、大げさにいうとそれは士農工商という身分制度から、四民平等という新しい社会への転換だったのだと感じていました。
これは別に自分に限った話ではなくて、その時の雰囲気だったように感じます。(ネットで社会構造が変更する、みたいな記事はニュースでもやってました)

で、それに飛びついた人もたくさんいたわけなんですが、2000年でITバブルがはじけてみると、やっぱり生き残るところしか生き残れなかったりしましたよね。それ以外はどうなったかというと、倒産したり吸収合併したりしたんですね。いわば時代のあだ花になったということです。

話が長くなりましたが、こういう革命期には時代のあだ花がつきものなのかな、と。
大半は革命の中で命を落としていくのかもしれない、と。(今は命まで落とさないか。)
そう考えると、スティーブジョブズのように世界に影響を与えられる人物というのは、砂漠の大量の中の1粒で、本当に希少なんだと、改めて思います。
『世に棲む日々』を読了してふと考えたことでした。

ウェアラブル・デバイスの今後がますます気になりまくりです。

Google AD


関連記事

no image

コミュニケーション能力について3

執拗だと思われるかもしれないけど、コミュニケーション能力について。 エンジニアに求められる

記事を読む

no image

自己啓発の祖

1858年 『自助論』 サミュエルスマイルズ 1902年 『原因と結果の法則』 ジェームズアレン

記事を読む

no image

自分は知っている、ということ

情報リテラシーっていう言葉がある。これは別にPCを使いこなせる能力のことだけではないようだ。物の本を

記事を読む

no image

MIB3に見る脱フロンティア精神

もうネタ切れすぎなんじゃないですかね。ハリウッド映画は。失敗するのが怖いから、新しい映画を作らな

記事を読む

no image

ダイバーシティを考える

ダイバーシティを知ったのは2009年ごろ、「バイオダイバーシティ(生物多様性)」が国連大学ででかでか

記事を読む

no image

習慣 僕が変えなくても変わる未来

1989年12月、日経平均は38,985円だったらしい。今日の日経平均は9,816円。あの頃、誰がこ

記事を読む

東日本大震災から3年経過した今、あの時の状況と変化したこと

今日で東日本大震災から3年経ちました。 日本中の誰の心の中にも、大きな影響を与えた出来事で

記事を読む

no image

Terrible crisis of democracy

"Chu-sin-gura" is aired at the end of year in Japa

記事を読む

no image

ソーシャルということ

「ソーシャル」という言葉がひと段落した今だからこそ。ゲームビジネスやコミュニケーションなど色

記事を読む

no image

怒りや不満を脱却することとお金について

怒りや不満を感じるのは、自分の予想と違うことが起きた時や、自分のやりたいことができない時だ。

記事を読む

Google AD

Google AD

PAGE TOP ↑