*

ブログでアクセス増やすためにはやっぱりタイトルと記事が重要らしい件

04630 (Morning surf fishing)

最近はアクセス数にも気をつけてるので、ブログのアクセスを増やす方法が書かれた記事が気になります。
そんな中、こんな記事を見つけました。

ラクしてブログのアクセス数を増やすたった1つの方法
http://d.hatena.ne.jp/Rootport/20140113/1389623217

なにーっ!これ実践すれば余裕じゃん!俺勝ち組www
早速実践すんべ。どれどれ・・・

ふむふむ・・・

・・・

あ、あれ・・・?

情報を集約した、密度の高い「いい記事」を書くことだ。

これって・・・

ブログを書いていく中で、最も難しくて大変なことなんじゃないか・・・?
だって内容のうすーい記事ならどこにでも転がってるもんね。
記事のタイトルにある「ラクして」という部分には絶対に当てはまらないよね。
そりゃ、そんなにラクして簡単にアクセスできてアフィリエイトで儲けることができたら、みんな仕事そっちのけでブログ書くよね。
この記事にもこう書いてある。

ラクしてアクセス数を稼ぐなら「いい記事」を地道に書き続けるのがいちばんだ。

つまりどういうことかというと、

ブログに近道はない

っていうことなのかもしれない。

確かにその通り!
この記事に書いてある、アクセスを増やす方法の1つとして「3.いわゆる「釣り」を連発する」っていうのがあるけど、このタイトルには若干つられた気がするのは気のせいだろうか。。

ブログにおけるタイトルの重要性は以下の記事でも指摘されています。

「脱」初心者の為のブログのSEO
http://stinger3.com/seo/writting/

ちなみに自分の施策として「1.記事の投稿回数を増やす」を実践しています。
これまで週1~月2回更新くらいだった頻度を、週4~5回へとシフトしました。

記事の投稿回数を増やしたことによって記事内容の密度は若干うすくなった感は否めませんが、それによって「2.旬の話題を追いかける」の施策も同時にできるようになった感じはあります。

あと自分ができる施策としては「釣り」と「良記事」ですが、良記事の方はブログを続けていくうちにライティング技術を向上させていこうと思います。

釣り施策の方は、どうも自分は向いてないようですが、もうちょっと人間力を上げて、釣り記事にも精を出していきたいと思います。
釣られたときは「お前も腕上げたな」とコメント欄に書き込んでくれるととっても嬉しいです。(それをこれからの目標にします。)
これからもどうぞよろしくお願いします。

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

WEBサイトの表示速度をスピードアップする方法

サイトの表示が遅いので、いくつかツールを使ってチューニングすることにしました。 まず初めに

記事を読む

no image

WEBディレクター、WEBエンジニア募集してます。

いっしょにWEB制作やりましょう! クライアント駐在(派遣) 場所:都営大江戸線

記事を読む

WordPressのテーマを「stinger」に変えたよ

しばらくぶりにブログ(Wordpress)のテーマを変更しました。 以前はオールホワイトで

記事を読む

cakephp

cakephpでPHPのタイムゾーン設定してないとエラーが出る件

ロリポップからさくらにサーバを変えたのは先日のエントリーの通りですが、サーバ環境が違うことでca

記事を読む

Google Analyticsで毎日チェックするべき4つの項目

こんにちは! まだまだ寒い日が続きますねー。皆様ご自愛ください。 さて、通常なにかし

記事を読む

【なぜ?!】ブログの直帰率が激減しました【GoogleAnalytics】

少し前から気づいていましたが、このブログの直帰率が激減しました。 まずはこちらの図表からどうぞ。

記事を読む

no image

佐々木俊尚さんの講演:ソーシャルとクラウドとグローバル

11月17日、Hitachi Open Middleware World Cloud Day に参

記事を読む

no image

開発の現場に行って来た

ひょんな事から、他社の開発の現場に行く事に。 念願だったT社に!書類選考で落ちたよT社! 久

記事を読む

【解説】Googleウェブマスターツールの使い方

サイトの分析やアクセス解析のツールと言えばGoogleAnalyticsですよね。 このブ

記事を読む

さくらインターネットでPEARを使ってみる

以前、自分が持っている書籍を管理するアプリ「ブックマネージャー」を作ってアップしてたのですが

記事を読む

Google AD

Google AD

PAGE TOP ↑