*

ビジネスを自動化する!仕組みづくり

公開日: : 最終更新日:2021/07/19 日記

収益化のルール

1.お客様を信じるな

2.現データ徹底無視

3.脳科学マーケティングと行動マーケティング

1.

人は、思っていても口にしない

人は、好きと欲しいは別物

2.

無意味な競争に巻き込まれない

競合が高くなると利益率が少なくなる

データを取ればとるほどサービスが似てくる=低価格競争

→自分の信じたサービスをやる

非顧客への施策は可能性を狭める

映画館→非顧客へのアプローチ

ギチギチNG、ゆったりOK

3.

思考行動理解施策

購買数x購買単価=収益

適正価格で収益は最大化する

・脳科学マーケティング

①購買数を上げる(機会数x成約率=購買数)

不安を作るプロセス→営業なしで成約率向上

オーガニック

美容室ヘッドスパ(ついでに頭皮点検)

エステサロン(ゆがみの内臓機能)

フィットネスジム

無料ですよ →顧客はやらない

ついでにやります →顧客はやる

②購買単価を上げる

営業せずにふあんだけ置いてくる

プログラム誘導やSNSリテンション(顔を見てると覚えてる)

・行動マーケティング

行動だけを注視した施策が重要

まとめ買い? →まとめ買い割引

ついで買い?(おむつとビール) →パパ応援割引

コンビニに置いてある募金箱

→何かついでに行動してしまう

町中の募金:13%

コンビニに募金:70%

小銭をしまうのが面倒なTPO

スーパー銭湯、ゲームセンター、自動販売機

金銭価値を感じなくなるTPO

遺書サービス、老人ホーム、パチンコ屋、空港(ガチャガチャ)

→行動中心に自動化施策を持てば100%売らずに売れる

ワンコインメニューやコース料理を3種類用意する

→男性の行動を理解しているから営業せずに売れる

→予約時にカップルかどうかを聞きメニューを変えるなど

高級ホテルのペルソナ設定

年齢、職業、家族、年収、住所、、、、あまり意味ない

どんな行動をするのか?が重要

富裕層の行動を理解している施策(シャングリラホテル)

→値段を決めると価値が落ちる

→敢えて値段を提示しない

自動化マニュアルの作成

1.CAFの細分化 カスタマーAフローの細分化

2.CPインサート コミュニケーション・ポイント

3.PRインサート

4.体験のインサート

5.不安形成

レポート送付(頭皮マッサージの結果を贈るので、ラインを教えてください)

6.リテンション形成

LINE運用

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

歴史の必然性と世界を変えることについて

ガリレオ・ガリレイをご存知でしょうか。コペルニクス、ケプラー、ニュートンと並んで科学革命の中

記事を読む

伊木ヒロシさん

伊木ヒロシさんの動画講座~3日目~自分軸の力とは~

https://www.youtube.com/watch?v=YCbBDKc3rwY

記事を読む

no image

馬の耳に念仏

意思を伝える事は難しい。生まれも違うし、考え方も、好みも違う。そんな、言わば別の生物に、私たちは意思

記事を読む

no image

過去との帳尻をどうあわせるか

大いなる努力

記事を読む

【なんで】女性は秘密を守れないのか?【口が軽い?】

浅香光代さんが隠し子の父親が元首相だとカミングアウトしました。(後に発言を撤回) 浅香光代

記事を読む

狼人間を撃つ銀の弾丸はない

QCT http://e-words.jp/w/QCT.html ビジネスにおいて重視さ

記事を読む

GoogleAnalyticsの直近1ヶ月データを公表します!

前回はPVが上がったので実際にやったことをポストしましたが、今回はAnalyticsの状況も

記事を読む

死なないように、長生きするってことが間違いなんじゃないの?

偉大なヴィジョナリー、スティーブ・ジョブズも言っていた。「死は最高の発明」だと。 アンチ・アン

記事を読む

【SIMフリーiphone】DocomoからナンバーポータビリティでIIJmio(MVNO)に変更しました

(画像はイメージです) これまで自分はDocomoの回線でSIMフリーのiphoneを

記事を読む

no image

wordtwit

Wordpressでポストした記事をTweetできるプラグインをインストールした。これってどう?でも

記事を読む

Google AD

Google AD

PAGE TOP ↑