*

歴史の必然性と世界を変えることについて

公開日: : 最終更新日:2012/10/30 日記

ガリレオ・ガリレイをご存知でしょうか。コペルニクス、ケプラー、ニュートンと並んで科学革命の中心人物とされている人です。1633年、彼はローマ教皇庁検邪聖省から有罪の判決を受け、死刑を言い渡されました。何の罪だったのでしょうか?地動説を唱えたからです。あなたはいま、地球が回っていることを知っていますか?何を馬鹿なことを、と思うでしょう。でも、ガリレオの時代に地球が回っているという、現代では当たり前とされている事実が、公然と否定され、その当たり前と言われている事実を告げるだけで死刑になりました。後に減刑されましたが、一生監視付の邸宅に住まわされ、死後も名誉は回復されませんでした。

このことについて、ローマ教皇庁が裁判の見直しを行い、最終的に1992年にヨハネパウロ2世が、裁判が誤りであったことを認めました。ガリレオの死去から350年経ってからのことです。日本人の寿命が70年として、350年という月日を実感として想像できるでしょうか。
(ちなみに、このエントリーではローマ教皇庁が悪い、と言っているのではありません。)

この例で想像できることは、他にも地動説の賛同者がいたのではないか、ということです。
しかしそのころのローマ教皇の権力は絶大で、その意思に異論を唱えることはできなかったのだと思います。
歴史にIFは禁物ですが、そのころ多くの人が地動説に賛同していたら、世界はどう変わっていたでしょう。
きっと科学は今よりずっと進んでいたでしょう。

そしてそのころは黙殺していた外野の人々は「俺も実は地動説は正しいと思ってたんだよ」と言うでしょう。
それは自分自身の保身のためです。科学の進歩と自分の命を天秤にかけ、自分の命を選択したのです。

しかし歴史は必然です。そのような歴史の上に現在があるのです。これはどうしようもない事実です。

そのローマでは、キリスト教が異端とされていた時代もあります。ネロ帝だけでなく、5賢帝の時代には、キリスト教徒であるだけで罪になるようになったようです。
そのキリスト教ですら、異端とされた宗派(アリウス派、ネストリウス派、カタリ派など)は抹殺されたり、厳しい弾圧にあいました。
しかし、皆さんご存知のとおり、キリスト自身が磔の刑でしたね。
(ここでもキリスト教が良いとか悪いとか言っているのではありません。念のため)

セイラム魔女裁判というのをご存知でしょうか。これは1692年から、アメリカで実際に起こった魔女裁判です。皆さんは厳密な意味で魔女がいると思いますか。(人を虜にしたり、年の割には若く見えるという方は別にして、旧来の意味での魔女)その時代には魔女がいたのでしょうか?
この魔女裁判の結果、19人が処刑され、1人が拷問中に圧死したそうです。拷問をかけられただけでもぞっとするのに、圧死ってどんな感じなんでしょうね。
(ここでもアメリカが悪いとか、魔女が悪いということを言いたいのではありません。)

話は変わりますが、村八分という言葉をご存知でしょうか。江戸時代の話ではありません。近い話で言うと、2004年に新潟県で村八分裁判というものがあったそうです。集落の有力者が勝手にイベントを企画し、その準備と片付けを村民にさせようとしたのです。有力者は「従わなければ村八分にする」と制裁を発したそうです。1952年には静岡県で、村ぐるみの不正を告発した女子高校生が、一家共々村八分にされた事件があったそうです。

このように見ていくと、歴史には必然があって、成り得るべくして歴史ができているということが分かります。
何か事件がおきたとき、その時にできることしか人間はできないと、自分は考えています。しかし逆に言えば、できることは全てできるのだと考えています。

確かにガリレオは地動説を唱えて死刑を宣告されました。しかしその出来事によって、歴史を動かし、変えたのです。もしそのときガリレオが地動説を知っていながらも保身を考え、世間に公表しなければ、世界はどう変わっていたでしょうか。

今当たり前とされている常識に真っ向から対峙し、権力を否定したらどうなるでしょうか。抹殺や拷問は無いにしても、悪くすれば村八分にされるかもしれません。しかしその現状に見て見ぬ振りをして何もしなければどうなるでしょうか。何も変わらないのでしょう。

何も、歴史的なイノベーションを起こすことが世界を変えることではないのだと思います。
過去になってしまえば必然、これから起こすことは未然であり、世界を変えるきっかけなのだと。

資料元:wikipedia

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

関連記事

no image

改善ができない企業がどうなるか

これまで2回倒産した会社に勤めています。いま3回目の倒産の危機を迎えています。そのとき、いままで悪か

記事を読む

no image

コンテキストとオープン化に向かうWEBのジレンマ

ここ数年でコンテキストとオープン化というキーワードが気になっている。セマンティックというキーワー

記事を読む

no image

新しい戦争の形

先の大戦から60年以上たち、戦争は形を変えて世界を席巻しはじめた。サブプライム問題に端を発したリーマ

記事を読む

no image

2011年を振り返る

今年1年、本当に色々あったと思います。というか、激動の1年になった人も多いのではないでしょうか。

記事を読む

no image

ソーシャル・ルーツ・サーチ、はじめました。

ソーシャルルーツサーチを始めました。 SNSを使って、先祖や家系について調べることです。自

記事を読む

【感動】HondaのCMが素敵な件

かなり今さらになってしまうんですが。 CMにも色々ありますが、自分が一番好きなCMがこちら

記事を読む

no image

ステマとリアルの関係について

この会社のアプリは買ってはいけない http://digimaga.net/2012/01

記事を読む

no image

サーバ構築とリストラについて想う

apacheとbindの設定とSSL、このあたりのサーバ構築を全てできるWEBディレクターって、いる

記事を読む

no image

PHPカンファレンス2012&WordCamp Tokyo 2012 行って来た

PHPカンファレンス2012と、WordCamp Tokyo 2012 に行ってきた。しかし

記事を読む

no image

人は人を完全には理解できない

「twitterって、効果あるの?」 信じられないことに、前職の女性部長はこう言った。奇しくも

記事を読む

Google AD

Google AD

iPhone6が来ました。アップルのサポートは未だ健在だったというお話。

アップルは製品だけじゃなくて、サポートの対応にまでその企業哲学

iphone6にするか、iphone6plusにするか、まだ決めなくてもいい方法

iphone6が発表されましたね。iwatchは来年に持越しで

パパも2歳になったよ

早いもので子供が2歳になりました。 年を取るごとに年月が早く

転職して新しい職場で仕事始めました

1か月以上もブログを放置してましたが、私は元気です。 むしろ

6月末で現職を退職します

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、6月末で現職を退職するこ

→もっと見る

  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑