*

【人生を変える】最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ【大前研一】

公開日: : 最終更新日:2014/06/11 イシュー, ライフハック , , ,

sunrise

暑いです。北海道では昨日、35度以上の猛暑日を記録したそうです。
6月とは思えないですね。

東京の過去の天気2014年6月
(Goo天気)

これはフェーン現象の影響とのことですが、冷夏になるという予想もあり、これからの体調管理には気をつけたいところです。

昨日久しぶりに知人と飲みに行って、寝たのが2:00過ぎでした。
そういう時に限って子供が早く起きるんです。

5:30くらいに目を覚ましておもちゃで遊び始める。
で、しばらくすると飽きて寝てる自分の方に来るんですね。早く起きろと。

もうちょっと寝ていたいのもありますが、ここは子供と遊ぶ時間だから起きなきゃ・・・と寝ぼけたまま一緒に遊んだりします。
しんどいですが、こういう何気ないことが幸せということなのかと自分に言い聞かせています。(何)

さて今日は今の自分の状況を鑑みた時に、とても共感できる内容を見つけたのでお伝えしようと思います。

何かを変えたい、自分を変えたい、と漠然と感じることは、誰でも一度はあると思います。
そんな時に自分が考えがちだったのが「気持ちを切り替える」とか「考え方を変える」ということでした。

経営コンサルタントで起業家の大前研一さんは、「時間とムダの科学」(PRESIDENT BOOKS)においてこう仰っています。

人間が変わる方法は3つしかない。

1番目は時間配分を変える。

2番目は住む場所を変える。

3番目はつきあう人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。

最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

これを自分の状況に当てはめると、なるほどと思えました。
よく思い出してみるとこの言葉はある人物の名言に似ていました。

同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という。

(アインシュタイン)

同じ時間に、同じ場所に居て、同じ人と付き合っていれば、これまでと同じ結果になることは誰が見ても分かることでしょう。

違った結果を望むのであれば、これまでとは違った場所・人・時間を得なければいけないということです。

その通りですよね。

大きな決意も必要です。
「気合を入れて頑張る」という精神論も、ある状況下では役立つでしょう。

根本から変化を望むなら、環境から変えないといけないのかもしれませんね。

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

コモディティ化を考える

読んだ本によると、googleの戦略は「世界中の情報の整理」の先にあるという。全ての情報の整理のため

記事を読む

【実録】あるプロジェクトで痛みを知り、それを通して得た教訓【認められるには?】

以前のエントリーで 嫌われている人から好かれようと思わなくていいんだという件 嫌

記事を読む

no image

HEY JUDE を聴きながら

世間ではグローバル化とか言いながら、宗教も違う、国も違う、民族も違う、風習も、文化も、生活も違う。災

記事を読む

人の感覚器と脳の未来について

電子書籍を読んでいても、なかなか内容が頭に入ってこないことがよくある。これは感覚を使わないこ

記事を読む

no image

ダイバーシティを考える

ダイバーシティを知ったのは2009年ごろ、「バイオダイバーシティ(生物多様性)」が国連大学ででかでか

記事を読む

no image

手段の目的化とコミュニケーション

今どんな人が求められているか、自分なりに考えてみました。すごい人を求めてるんじゃなくて、解決できる人

記事を読む

no image

慮ることと真実を明らかにすること

今日ネットで見たコラムにびっくりさせられた。大臣の失言と裏を読みたがる人々:日経ビジネスオンラインh

記事を読む

人の評価について

ハロー効果 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3

記事を読む

行動することでしか、世の中は変わらない。

前回の出口社長の講演の中で、心に残った言葉をピックアップします。(まだまだたくさんあったと思いま

記事を読む

安倍晋三

安倍首相の靖国参拝と辺野古埋め立ての件

靖国参拝で波紋広がる 中韓の反発覚悟、米が「失望」表明 http://www.nikkei.c

記事を読む

Google AD

Google AD