*

教育とクオリア問題

公開日: : 最終更新日:2013/04/01 イシュー

ちょっと最近「教育」について考えることがあったのでエントリー。

DQNの教育問題について、またはわたしもDQNであるということ
http://d.hatena.ne.jp/kamosawa/20120527

ここで言われていることは、「人は環境によって作られる」ということであり、「人の能力は大きく違っている」ということである。もっともだと思う。それよりも納得できる部分がある。

人は体験したことしか理解できないので、自分のわからない分野の実力を把握することはできないし、自分の分野でも自分以上の実力を正しく測ることはできない。つまり大部分の人について過小評価するというバイアスがある。

この部分。ずっと感じていたことが2つ述べられている。

一つは「クオリア」 。クオリアとは、個々が感じる知覚のこと。「赤さ」や「苦さ」、「痛さ」など。自分がある料理を食べたとき、しょっぱいと感じても、ある別の人はちょうどいいと感じる。自分はチョコレートの味を知っているが、チョコレートの味を知らない人にどうやってその味を説明すればいいのっだろうか?

同じように、WEB制作・開発をやったことが無い人に、どうやって工数や単価が出せるのだろうか?最近では不景気とデフレの影響をモロに受けて、WEB制作も開発もダンピングの嵐なのだ。さらにその上WEB制作や開発をダンピングしてどうするのだろう?

それが二点目の過小評価バイアスだ。自分の行っていることはとても意味のある事と捕らえ、他人が行っていることは価値が低いことと捕らえる。バイアスと言う言葉は、偏ったものごとの見方、という意味がある。その意味のとおり、他人を過小評価するという偏った見方が人間の特徴として挙げられる。(認知バイアス

人間にはそういう特徴があるということを認識していないと他人を正しい目で判断することができなかったり、自分が思ってもいないような一方的な見方を、無意識にしてしまう。

こういうことは知っている人は知っていることだが、大多数の人は興味すらない。そしてその大多数の人たちが「常識」を作っている。

ある人が、「あの人はつかえない」と言ったところで絶対的な価値ではないし、その人が計れる尺度にはバイアスがかかっているかもしれない。結局、人の事は分からないということなのかもしれない。

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「がんばった人」が給料が高い訳では無い件

HTMLすら書けない人が、WEBプロデューサーをやっている事例を知っている。WEBプロデューサー

記事を読む

no image

WEBという革命

自分がインターネットと出会ったのは14~15年前だが、海外に行くことがあって本当にネットの便利さ

記事を読む

他人の意見を参考にしてもいいけど、最終的には自分で考えるということ

今日のエントリーはタイトルのままのポストなので、最終的にはそりゃそうだろ、ってことなんですが

記事を読む

sergey_brin_google_glass

Google Glassがそろそろ発売されそうな件

発売されると言われていながらずっと発売されず、「出る出る詐欺」と揶揄されていたdocomo-ip

記事を読む

no image

Hey, what a stupid guy Lahood is?

Helped. Because he is American. Americans is stupi

記事を読む

no image

20年後、30年後の人が今の時代を振り返ったとき、いい時代だった、と言うだろうか。

20年後、30年後の人が今の時代を振り返ったとき、いい時代だった、と言うだろうか。 2

記事を読む

no image

ビンラディン殺害

ビンラディンを「殺害」した「処刑」ではなく、殺害。911以降一連の事件を国際的な事件だと認識している

記事を読む

no image

Digitalization is

http://d.hatena.ne.jp/gothedistance/20101222/12929

記事を読む

no image

慮ることと真実を明らかにすること

今日ネットで見たコラムにびっくりさせられた。 大臣の失言と裏を読みたがる人々:日経ビジネスオンラ

記事を読む

【感想】小保方氏がSTAP細胞論文不正問題で会見【どうなる?】

小保方氏が先ほど会見を終えました。 この会見を見る限り、STAP細胞自体はあるのかなーと思

記事を読む

Google AD

Google AD

PAGE TOP ↑