*

新しい戦争の形2

公開日: : 最終更新日:2014/01/24 イシュー

 

人類はずっと戦争を続けてきた
http://agora-web.jp/archives/1465484.html

この記事からは様々なことを学ぶことができる。

1つは人間の生きることに対する貪欲さ。戦争の最も過酷な地で、極限状態におかれた人間は、同僚の人間を殺して食べる。そこには、どんなことをしても生き残るという本能が刻まれていると思わざるを得ない。ゴキブリのように、最期の最期まであがくのが生物としての人間なのかもしれない。

最期の呼吸が終わるまで、人間には生きる義務があるのだ。

もう1つは、死ぬ理由が異なっていること。アフガニスタンでの米兵死者が2,000を超えたと発表があった。

アフガン米兵死者2千人に 泥沼化で厭戦に拍車も
http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012060501002306.html

2001年から戦争を開始して、この11年間で2000人が死んだ。それに対して日本の自殺者数は毎年約30000人。

爆弾を落として人を殺したり、銃で人を打ち殺したりする目に見える戦争から、経済的に破綻させたり、希望を失わせたりして人を死にいたらしめるような、目に見えない戦争になってきているということ。これは新しい戦争の形かもしれない、と以前ブログでも書いた。

新しい戦争の形
http://hakomori.net/?p=34

最期は個人がこのグローバルな戦争に、どうやってサバイブするのか、ということ。
この先 中間業者や、コアコンピタンスのない企業(個人)はサバイブできない。仕事を横に流すだけの余計なコストはカットされるからだ。コアコンピタンスが無ければ、他の業者に仕事をとられるか、価格競争地獄に巻き込まれるからだ。

ここで個人としてのリスクヘッジが必要になる。エンジニアは営業になれるが、その逆は無理だ。つまり個人で生き残るなら、エンジニアリングのできる営業が必要なのだ。

営業は必ず武器になる 腹を括って取り組もう
http://www.j-cast.com/kaisha/2012/06/18135923.html

文中にあるように、エンジニアリングだけでは飯が食えない。
運命だと思って諦める、という意味も込めて、腹をくくる。

年功序列、終身雇用の平和な時代からしてみれば、現在の状況はまるでそれとは異なっている。さらに加速するこの傾向に、どう対応していくのがサバイバルのポイントだと思う。

Google AD


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

イノベーション(革新)が起きるとそれがデファクトスタンダードになる

初めにお断りを。今回のエントリーは漠然としていて捉えどころが無さそうなので、スルーしていただ

記事を読む

no image

愛社意識を持たせる

今年の半分くらいは出向でクライアント企業さんのところに常駐していました。 そのとき常駐して

記事を読む

変化できるものだけが生き残れる

資生堂、過去の栄光と決別へ 自己否定も覚悟…トップ交代で改革急ぐ http://www.san

記事を読む

no image

怒りや不満を脱却することとお金について

怒りや不満を感じるのは、自分の予想と違うことが起きた時や、自分のやりたいことができない時だ。

記事を読む

嫌われている人から好かれようと思わなくていいんだという件その2

以前、「嫌われている人から好かれようと思わなくていいんだという件」というタイトルでエントリー

記事を読む

東日本大震災から3年経過した今、あの時の状況と変化したこと

今日で東日本大震災から3年経ちました。 日本中の誰の心の中にも、大きな影響を与えた出来事で

記事を読む

no image

活版印刷術(電子書籍)がもたらすもの

自費というよりタダ!! 超簡単出版時代がKindleと共にやってくる模様 http://www

記事を読む

子供はなぜ何でも試してみたがるのか(なぜチャレンジ精神があるのか)?

この3月あたまで息子が1歳7か月になりました。 ヨチヨチ歩きから走ったりするようになり、時

記事を読む

no image

スティーブ・ジョブズ、CEOを辞任

http://mainichi.jp/select/world/news/20110825ddm00

記事を読む

「空気を読む」人たちがしたこと

アウシュビッツ収容所の生き残りの人の話がTVで放映されていた。 友達は次々焼き殺されていったと

記事を読む

Google AD

Google AD

PAGE TOP ↑